消化器の病気

こんな症状はご相談ください

こんな症状はご相談くださいおなかの調子が悪い胃が痛い胸焼けがする胃もたれがする吐き気がする食後、背中が痛くなる便秘がち下痢を繰り返す血便が出た体が黄色くなった食欲が無い急に体重が減った顔色が悪いと言われる会社や市町村などの健(検)診で胃腸の再検査を勧められた胃がんや大腸がんなどの消化器がんが心配 など

急性胃炎

急性胃炎とは、胃粘膜に急性の炎症を起こした状態で、胃部不快感などを伴います。
原因としては、消炎鎮痛剤などの服薬や飲酒、ストレスなどが考えられます。原因がはっきりしている場合は、その原因を取り除き、その後は症状に合わせた薬を服用します。

慢性胃炎

食べ物などの刺激により慢性的な炎症が起こり、胃粘膜が減ってしまう状態を萎縮(萎縮性胃炎)と言います。また粘膜の傷が修復される過程で、胃粘膜が腸粘膜に似たものに置き換わってしまうことがあり、これを腸上皮化生(ちょうじょうひかせい)と言います。このような胃粘膜の萎縮と腸上皮化生が慢性胃炎の本体です。

近年では、こうした胃粘膜の萎縮と腸上皮化生の発現に、ピロリ菌が大きく関与していることがわかってきました。ピロリ菌が胃粘膜に存在することで、萎縮・腸上皮化生の進行にアクセルがかかります。

これら萎縮・腸上皮化生・ピロリ菌感染の3因子が複雑に絡み合って形作られるのが慢性胃炎なのです。

胃潰瘍/十二指腸潰瘍

ヘリコバクター・ピロリ菌、非ステロイド性抗炎症薬、胃酸などによって、胃や十二指腸の粘膜が傷つけられ、えぐられたようになる疾患です。
胃の痛みや不快感を伴います。大抵は、薬の服用などで治すことができますので、しっかりと治療することが大切です。また、主たる原因はヘリコバクター・ピロリ菌の感染と考えられており、検査をしてピロリ菌陽性であれば、除菌をします。

胃がん

胃がんは、胃の壁の最も内側にある粘膜内の細胞が、何らかの原因でがん細胞に変化する疾患で、日本人が最もかかりやすいがんの一つです。

早期の胃がんは、それ自体による症状は無いため、多くは健(検)診や人間ドックを受けた際に発見されます。毎年定期的に検診を受けることが、胃がんの早期発見のために最も重要なことです。

早期胃がんの予後はとても良く、完全にがんを切除できた場合、治癒率は9割を超えます。

またヘリコバクター・ピロリ菌は、胃がん発生の原因になることが判明しており、ピロリ菌が存在する場合は、胃がんリスクを減らすために、ピロリ菌の除菌が検討されます。

感染性胃腸炎

感染性胃腸炎とは、ウイルスや細菌などが感染して発症する胃腸炎のことで、下痢、嘔吐、悪心、腹痛、発熱などの諸症状を引き起こします。ウイルスを原因とする感染性胃腸炎に対する特別な治療法は無く、症状を軽くする対症療法が行われます。

細菌が原因なら、多くのケースで抗菌薬が有効です。ほとんどは、3~5日で症状が治まってきます。

過敏性腸症候群(IBS)

主にストレスから、腸が慢性的な機能異常を起こしている状態で、炎症や潰瘍などの器質的な病変を伴わない疾患です。

下痢や便秘、腹痛、下腹部の張りなどの症状が起こります。原因は、不安・緊張などのストレス、疲労、暴飲暴食、アルコールの過剰摂取、不規則な生活習慣などです。

治療は、食事療法や運動療法をはじめとする生活改善から始めますが、それでも十分な効果の得られない場合は、薬物療法が行われます。

機能性消化管障害

みぞおちの痛み、食後の膨満感などの上腹部症状を訴え、しかも内視鏡検査などで症状を説明しうる器質的疾患(逆流性食道炎や胃・十二指腸潰瘍など)が無いケースを機能性消化管障害と呼びます。

治療は、まず問診を通じて患者様の社会的・精神的背景を把握し、ついで症状に関連するような生活習慣(食事、睡眠など)の指導を行います。

その後、必要に応じて薬物療法を開始します。薬物療法では、まず制酸剤や粘膜保護剤などの対症療法から開始し、ついで消化管の運動機能改善薬を使用します。

精神症状が強い場合には、抗不安薬や抗うつ薬を用います。

大腸がん

大腸がんには、大きく分けて結腸がんと直腸がんの二種類があります。

盲腸からS状結腸までにできるがんを結腸がんと呼び、直腸から肛門までにできるがんを直腸がんと呼びます。両方を合わせて大腸がんと呼びます。どちらも腸の粘膜から発生する悪性の腫瘍です。

また、大腸がんには隆起型と陥没型とがあり、通常、前者はゆっくりと進行するのに対し、後者は腸壁内層に食い込んでいきながら、極めて早く進行します。

大腸がんのリスクが高くなる年齢は50代からで、60~70代でピークに至ります。

しかし、他のがんと同様に大腸がんについても若年化が進んでおり、若いからといって油断は禁物なので、年代に関係無く、定期検診を受けることが大切です。

急性胆のう炎

急性胆のう炎は、胆のうに炎症をきたす疾患です。症状としては、右腹部痛、圧痛、発熱があります。胆のう結石を持っている人に発症が多いと言われます。

十分な補液(水分や電解質などを点滴で注入すること)、鎮痛剤、抗菌薬の投与を行います。手術が必要なケースもあります。

急性すい炎

急性すい炎では上腹部の急性腹痛発作や背中の痛みが現れ、吐き気や嘔吐、発熱を伴うこともあり、重症例では呼吸困難、意識障害などもみられます。
診断は症状と検査所見から行われ、

上腹部に急性腹痛発作と圧痛がある。
血中、尿中、あるいは腹水中にすい酵素の上昇がみられる。
画像ですい臓に急性すい炎に伴う異常が認められる。
の3項目中2項目を満たし、他のすい疾患および急性腹症を除外した場合に、急性すい炎と診断されます。

軽症や中等症の急性すい炎の多くは内科的治療で治癒しますが、重症の急性すい炎では死亡率が20~30%と高く、専門医療機関で治療する必要があります。

潰瘍性大腸炎

診断について<潰瘍性大腸炎は大腸の粘膜(最も内側の層)にびらんや潰瘍ができる病気で、炎症性腸疾患と言われます。特徴的な症状としては、下痢(血が混じることもあります)と頻繁な腹痛です。

栄養をしっかり摂れなくてやつれたり、下痢に多量の血が混じると貧血を起こすこともあります。病変は直腸から連続的に、そして上方に向かって広がる性質があり、最大で直腸から結腸全体に広がります。

日本における潰瘍性大腸炎の患者数は、人口10万人あたり100人程度です。
発症年齢のピークは男性で20~24歳、女性では25~29歳にみられ、若い頃から発症しますが、高齢者も発症します。男女比は1:1で、性差はありません。

この病気の原因は明らかになっていません。これまでに腸内細菌の関与や本来は外敵から身を守る免疫機構が正常に機能しない自己免疫反応の異常、あるいは食生活の変化の関与などが考えられてきましたが、今なお原因ははっきりしていません。

この病気の症状としては、下痢(便が軟らかくなって、回数が増えること)や血便が認められます。痙攣性または持続的な腹痛を伴うこともあります。重症になると、発熱、体重減少、貧血などの全身症状が起こってきます。また、腸管以外の合併症として、皮膚や関節、眼などに症状が出ることもあります。

診断について

潰瘍性大腸炎の診断は症状の経過と病歴などを聴取することから始まります。最初に、血の混じった下痢を引き起こす感染症と区別することが必要です。

下痢の原因となる細菌や他の感染症を検査し、鑑別診断が行われます。その後、患者様は一般的にX線や大腸カメラによる大腸の検査を受けます。この検査で炎症や潰瘍がどのような形態で、大腸のどの範囲まで及んでいるかを調べます。

さらに腸粘膜の一部を採取することで、病理診断を行います(生検)。潰瘍性大腸炎は、このようにして似た症状を呈する他の大腸疾患と鑑別され、確定診断がつけられていきます。

治療について

原則的には薬物による内科的治療が行われます。しかし、重症の場合や薬物療法が効かない場合には、手術が必要となります。

現在、潰瘍性大腸炎を完治に導く内科的治療はありませんが、腸の炎症を抑えるのに有効な薬物療法は存在します。治療の目的は大腸粘膜の異常な炎症を抑え、症状をコントロールすることです。多くの場合、内科的治療で症状は改善しますが、ケースによっては外科手術(大腸全摘術)が行われることもあります。

インターネット予約
029-858-0055インターネット予約
クリニックブログ当院の口コミを見る当院の口コミを書く